お役立ちコラム

2021/09/17電気温水器からエコキュートにするメリット・デメリットを解説!

近年は維持コストの安さなどから電気温水器からエコキュートに交換するご家庭が増加傾向です。
みなさんの中には、電気温水器とエコキュートはともに電気を使ってお湯を沸かす仕組みなのに、どうしてコストに違いが出てくるのか疑問に思う方もいると思います。
この記事では、電気温水器とエコキュートの違い・エコキュートに交換するメリットとデメリット・工事内容・工事費用について分かりやすく解説します。
この記事を読めば電気温水器とエコキュートの違いがしっかり理解できますよ。
電気温水器からエコキュートへの交換を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。

電気温水器からエコキュートにするメリット・デメリットを解説!

電気温水器とエコキュートの違いとは?

まずは「電気温水器」と「エコキュート」の違いについて押さえておきましょう。
どちらも電気を使ってお湯を沸かす点は同じですが、エコキュートは空気から取り入れる熱をも動力源にする点が異なります。
具体的には、「ヒートポンプユニット」という機械で空気の熱を取り込み、冷媒(二酸化炭素)を圧縮させてさらに温度を上げる仕組みです。
このようにエコキュートは電気だけでなく空気の熱を利用するので、電気のみでお湯を沸かす電気温水器に比べて電気代が安くなっているのです。

電気温水器からエコキュートにするメリット

電気温水器からエコキュートに交換する最大のメリットは給湯コストを大幅にカットできることです。

1カ月あたりの電気料金を比較してみましょう。

電気温水器の場合・・・6,000円~7,500円ほど
エコキュートの場合・・・1,500円~2,000円ほど

このように月々の電気料金をなんと三分の一程度にまで抑えることができるのです。
他のメリットとしては

  • 二酸化炭素の排出量が少ないため環境負荷を最小限に抑えられる(自然に優しい)
  • 貯湯タンクに水を溜めておくと災害時などの非常用水として利用できる
  • 補助金制度を利用できる
  • 太陽光発電設備を設置している場合は卒FIT後の選択肢として余剰電力を活用できる

などが挙げられます。

電気温水器からエコキュートにするデメリット

電気温水器からエコキュートに交換するデメリットは導入コストの高さです。
後者は前者に比べると、メーカーの希望小売価格が約50万円高くなります。
それでも10年間使うと光熱費が約79万円カットできるので、長い目で見れば結局回収できますが、初期コストが高いことだけは頭に入れておいた方がよいでしょう。
また、より広い設置スペースが必要になるのもネックです。

貯湯タンクのサイズは両者であまり変わりませんが、ヒートポンプユニットがある分余計にスペースを取ることになります。

電気温水器からエコキュートにする工事費は?

電気温水器からエコキュートにする工事費用は、10万円~15万円ほどかかります。
ただし、設置業者によって金額が違ってきますので、施工を依頼する前に必ず見積書で費用を確認するようにしてください。

電気温水器からエコキュートにする工事内容

電気温水器からエコキュートにする場合の工事内容は次のようになります。

➀電気温水器の撤去作業
撤去の際に処分費用がかかる場合があります。

➁基礎工事(必要な場合)
貯湯タンクやヒートポンプユニットは重量があるので、重みに耐えられるように基礎工事を行なう場合があります。
既にご自宅に設置に耐えられるスペースがある場合はこの作業は不要です。

➂配管工事
追い焚き配管・循環口・ドレン配管を設置します。

④貯湯タンクとヒートポンプユニットの設置作業
貯湯タンクとヒートポンプユニットを設置し、ボルトで固定します。

⑤配管の接続作業
貯湯タンクとヒートポンプユニットを配管で接続します。

⑥電気工事
ブレーカーを設置し、配線の整備を行なってから電力会社に申請します。

⑦リモコンの取り付け
キッチンと浴室のリモコンを取り付けます。

⑧試運転を実施し作動確認を行なう
試運転を行ない、正常に作動しているかを確認します。

⑨操作方法を説明し引き渡す
お客様に操作方法を説明した上で引き渡します。

これで交換作業は一応完了ですが、以下のような追加工事が必要になる場合がありますので注意しておきましょう。

  • 電気温水器の処分
  • 配線や配管の延長工事
  • 分電盤や主幹ブレーカーの交換
  • 浴槽に穴を開ける工事
  • ふろ配管の設置や交換
  • 幹線の交換

まとめ

電気温水器からエコキュートにするのはメリットとデメリットがあります。
ただ、長い目で見ると結局メリットの方が上回ると言えるでしょう。
初期コストが高くても給湯コストの安さで十分回収可能だからです。

弊社は埼玉・東京・神奈川・千葉で電気給湯器の交換などを行なっている「家の電気のスペシャリスト」です。
弊社は累計10,000件もの交換実績がありますので、安心してお任せいただけます。

→エコキュートの交換は「エコキュート交換救急隊」にぜひご相談ください

 

関連記事

  • エコキュートがうるさいのはなぜ?騒音の原因・対策を徹底解説エコキュートがうるさいのはなぜ?騒音の原因・対策を徹底解説 「エコキュートの稼働音がうるさい!対策をしたいけどどうするのが正解なのだろうか」 「エコキュートの騒音対策をしろと近隣の方に怒られた…どうすればいい?」 上記の悩みを抱える方のために、この記事ではエコキュートの騒音対策について徹底解説します。 エコキュートがなぜうるさ […]
  • ダイキンエコキュート エラーコード一覧ダイキンエコキュート エラーコード一覧 ダイキンエコキュートのエラーコード一覧です。 機種によって表示が変わる場合がございます。   C15 <内容> 貯湯タンクの不具合。浴槽への“お湯はりの温度が異常に高い”ことを検出して停止。   <エラーコード表示中のお湯の使用 […]
  • エコキュートの室外機の水漏れトラブル!修理にかかる費用はどのくらい?エコキュートの室外機の水漏れトラブル!修理にかかる費用はどのくらい? エコキュートはお湯を溜める大きなタンク部分と、エアコンの室外機のような外見のヒートポンプがセットになっています。 エコキュートの故障はタンクより、ヒートポンプが故障して交換する場合がほとんどです。 故障の原因としてよくある内容が、室外機から水が漏れているという内容です。 […]
  • エコキュートの配管で重要なヒートポンプ配管のトラブルを防ぐには?エコキュートの配管で重要なヒートポンプ配管のトラブルを防ぐには? エコキュートの配管はすべて設置してもらう業者にお任せと思っていませんか? しかし業者によっては専門知識を持ったスタッフがいない場合もあります。 特にヒートポンプの配管でトラブルが起こりやすいので、どのような配管を使用しているか確認したほうがよいでしょう。 今回は、 […]
  • エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説!エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説! エコキュートの購入時に気になることの1つが「寿命」ではないでしょうか? 長いスパンで光熱費を抑えるには、エコキュートの寿命を考慮してプランを立てることが大切です。エコキュートの寿命は、一般的に10年~15年ほどといわれていますが、工夫することで極力寿命を延ばすこともできます。 […]
  • エコキュートが壊れた場合の対処法は?交換・修理費用についても解説エコキュートが壊れた場合の対処法は?交換・修理費用についても解説 エコキュートは、生活に密接に関わる重要な存在です。 だからこそ、エコキュートが壊れてしまった場合は、なるべく早く、安く修理・交換を行いたいですよね。 しかし、異常があるからといって、必ずしも故障しているとは限りません。 この記事では、エコキュートの症状別の対策法や、修 […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください