お役立ちコラム

2021/10/19エコキュートの寿命は何年?よくある故障の症状も紹介

電気給湯器のエコキュートは、空気の熱を利用してお湯を作る、地球にやさしいエコな給湯器で人気が高いです。
しかし、エコキュートは高額なため寿命がどのくらいあるのか心配になりますよね。
ここでは、エコキュートの寿命とよくある故障の症状を中心にご紹介いたします。

エコキュートの寿命

エコキュートの寿命(耐用年数)は?

 

エコキュート自体の寿命は、約10年~15年と言われています。
その理由として、エコキュートの部品をメーカーが保存している機関が製造終了後10年程である点も大きく関わっています。
使用して10年以降はエコキュートを修理しようにも、部品の製造が終了している場合があるのです。

また、エコキュートの寿命は、実際に製品の耐用年数以外に、普段のお手入れの方法や使い方によっても違ってきます。
エコキュートは2001年にはじめて販売され、まだ比較的新しい電化製品になります。
ようやく20年を迎えるところなので、そろそろエコキュートの寿命・耐用年数に関するデータが揃い始める頃になります。
これまでエコキュートの寿命は10~15年が定説となっていましたが、実際のデータや技術の進歩などで、今後の数値が変わっていく可能性はあります。

 

エコキュート部品ごとの寿命

 

ヒートポンプ

 

エコキュートのヒートポンプは、空気熱交換器などが搭載されている部品で、寿命は5~10年程度です。
ヒートポンプは、大気中の熱をエネルギーに交換するもので、特にエコキュートの機器の中でも大切な役目を担っています。エコキュートの故障の一番多くはヒートポンプの故障になります。

 

貯水タンク

 

エコキュートはお湯をお風呂などに供給するため、水を貯める貯水タンクがあります。
この貯水タンクの寿命は10年~15年程度です。
貯水タンクは定期的にメンテナンスを行い、水抜きなどをすればさらに長持ちさせることができます。
間違った使い方をしたり、メンテナンスを怠ったりすると、故障の原因に繋がります。

 

こんな症状が出たら修理・交換のサイン

 

エコキュートの寿命が近くなると、以下のような症状が発生する場合があります。

●エコキュートからお湯が出なくなる
●エコキュートのお湯が設定温度よりぬるい
●エコキュートからのお湯が止まらない
●エコキュートから水漏れする
●エコキュートでエラーが頻発する

このような症状があるときは、エコキュート内部の「水位センサー」や、配管部品のパッキンなどの部品が経年劣化することにより起こります。
また、それに伴い異常を知らせるエコキュートのエラーが頻発するようになってきたら要注意です。
リモコンにエラー表示などされた場合には、説明書を確認し、それに従って対応しましょう。
または、メーカーや販売店に問い合わせて指示を仰ぎましょう。

 

メーカーごとの保証期間は何年?

 

エコキュート交換救急隊で取り扱っている主要6メーカーの保証期間は以下の通りです。

●パナソニック 本体:1年 ヒートポンプ:3年 貯湯タンク:5年
●コロナ    本体:2年 ヒートポンプ:2年 貯湯タンク:2年
●三菱電機   本体:2年 ヒートポンプ:3年 貯湯タンク:5年
●ダイキン   本体:1年 ヒートポンプ:3年 貯湯タンク:5年
●日立     本体:1年 ヒートポンプ:3年 貯湯タンク:5年
●東芝     本体:5年 ヒートポンプ:5年 貯湯タンク:5年

※消耗部品は保証期間が変わる場合があります。

 

エコキュートの交換・修理代について

 

エコキュートの交換・修理代は、劣化具合や症状にもよりますので、目安として記載いたします。

●部分修理・部品交換…約0.8~7万円
●ヒートポンプの修理…約7.7~22万円
●機器全体の交換…約20~70万円

不安なことや気になることがありましたら、販売店などに状況を説明し、一度見積もりを取ってみることをお勧めします。
また、その際に比較できるよう、何社か当たってみるとよいでしょう。

 

エコキュートを交換する場合

 

いざ、エコキュートを交換する場合、まずは何社かの施工会社に見積もりを取りましょう。
1社だけですと高額請求されてしまう可能性もありますので、比較できるように2~3社の見積もりを取ることをお勧めします。

 

貯水タンクの修理代

 

エコキュートの貯水タンクはあくまでお湯を貯める魔法瓶のような役割なので、実は内部は保温するための設備がほとんどで貯水タンク事態に故障が見られることはほぼありません。ただ、まれに自然災害や外部からの衝撃などで貯湯タンクが故障・破損してしまうケースがあります。
その場合の修理にはおよそ30万円近くかかる可能性があります。

 

ヒートポンプの修理代

 

ヒートポンプはエコキュートの中でも最も精密に作られています。エコキュートの特徴である、空気熱を利用してお湯を沸かす仕組みはほとんどこのヒートポンプで行われているため、その分稼働量も多く故障が多い機器です。
ヒートポンプは精密な機器なので、どこの部品が壊れたかにもよりますが修理代は10~15万円を目安に考えておきましょう。

 

配管の修理代

 

水漏れ・凍結・経年劣化などで配管の破裂やパッキンの交換が必要になった場合は、配管の修理代は1~5万円程度になります。
配管修理自体はそれほど高額にはなりません。
ですが、地中に埋まった配管の場合、水漏れに気づかず何カ月も放置している状態だったというケースも少ないので注意が必要です。
すぐに気がつけば対処もできますが、対応が遅れてしまうと水道料金を高額請求されてしまう場合もあります。
「使用量は変わらないのに水道代が上がったな…」と感じたら、速やかにメンテナンスを依頼しましょう。

 

エコキュートの寿命を延ばすために

 

エコキュートの寿命・耐用年数は、エコキュートの使用条件によって変化します。
間違った使い方や、地域に合ったエコキュートを使わなかったりするとエコキュートの寿命が短くなることもありますので、ご注意ください。

 

お住まいの地域の水質や気温にあったエコキュートを選ぶ

 

使用する地域の水質や気温などによっては、エコキュートの寿命を減らしてしまう恐れがあります。
水質に関して特に温泉水、地下水、井戸水、硬水地区で使用する場合は、メーカーも通常の寿命を保証していません。また、水質が原因で故障が発生しても、無償保証は依頼できませんので、あらかじめ有料延長保証に加入しておいた方がよいでしょう。
なお、エコキュートの中には、地下水や井戸水に対応したエコキュートも存在していますので、該当する場合はそちらをご検討ください。

海の近くの塩害地域や、冬に雪が降るなど寒冷地にお住まいの方は、それぞれ専用タイプのエコキュートを使用する必要があります。
仮に通常タイプのエコキュートを設置して使用したとすると、塩害や寒冷対策されていないので、故障の確率が大幅に上がってしまいます。

 

入浴剤の使用について説明書を確認する

 

エコキュートには入浴剤の使用に制限があるので注意が必要です。特にフルオートタイプのエコキュートは入浴剤を使用しない方がいいと言われています。入浴剤の種類によってはエコキュートの寿命を減らしてしまう可能性があります。説明書を読んで、使用可能な入浴剤を選ぶと安心ですね。

 

エコキュートの寿命を短くしてしまう危険のある入浴剤の種類

 

以下に、寿命を短くしてしまう可能性のある入浴剤の種類を記載しておきます。

●にごりタイプの入浴剤
●硫黄、酸、アルカリ、塩分を含む入浴剤
●薬草、ゆず、茎など固形もの
●ミルク成分を含むとろみ系の入浴剤
●炭酸カルシウムを含みにごり湯にする入浴剤

メーカーや機種によって、使用できない入浴剤は異なりますので、使用する場合には必ず説明書をご覧になり、メーカー推奨の入浴剤をご使用ください。

 

日常的にメンテナンスを行う

 

●浴槽アダプターの定期的な清掃
●逃し弁の点検(年に2~3回程度)
●配管の水漏れの有無、保温剤の確認(年に2~3回程度)
●貯湯タンク内の水の排水(年に2~3回程度)
●給水ストレーナのお手入れ

日常的なメンテナンスをするだけでも、エコキュートの寿命は延びます。
少しでもエコキュートを長持ちさせましょう。

 

エコキュート周辺の環境を整える

 

●エコキュートの周りは常にきれいにしておく
●ヒートポンプの周囲にはものを置かないようにする
●積雪時の除雪

特にヒートポンプの周りにものを置くと、性能低下や故障の原因になりますので、通風の妨げにならないように日ごろから注意が必要です。

 

まとめ

 

エコキュートの寿命についてご紹介しました。
使い方やメンテナンスによって長く使えるようになる場合もありますので、説明書など使用方法を守って正しく使いましょう。
そしてこまめにメンテナンスをし、大事に使っていきましょう。

関連記事

  • 給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較!給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較! 給湯器には主にエコキュートと電気温水器があります。では、この2種類の給湯器にはどんな違いがあるのでしょうか? みなさんの中には、エコキュートと電気温水器のどちらを購入するかで悩んでいる方もいると思います。そこでこの記事では、エコキュートと電気温水器の違いや双方のメリット・デメ […]
  • エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説!エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説! エコキュートの購入時に気になることの1つが「寿命」ではないでしょうか? 長いスパンで光熱費を抑えるには、エコキュートの寿命を考慮してプランを立てることが大切です。エコキュートの寿命は、一般的に10年~15年ほどといわれていますが、工夫することで極力寿命を延ばすこともできます。 […]
  • エコキュートの水圧が弱い理由や水圧を上げる方法をご紹介!エコキュートの水圧が弱い理由や水圧を上げる方法をご紹介! エコキュートはお湯を沸かす光熱費の安さなど様々なメリットがありますが、ガス給湯器に比べると水圧が弱くなります。 水圧が気になって購入を迷っている方や水圧に物足りなさを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか? エコキュートの水圧を上げる方法はないのでしょうか? 実は […]
  • エコキュートは電気代節約になる?節約するためにできることとはエコキュートは電気代節約になる?節約するためにできることとは エコキュートを導入したのに電気代が高くなってしまった家庭もあるでしょう。 電気代の節約になるといわれたのにどうしてか、疑問に思うかもしれません。 エコキュートと電気代についてまとめ、電気代の節約方法を解説します。 エコキュートの仕組み エコキュートは、貯湯ユニッ […]
  • エコキュートが落雷で故障!火災保険適用で修理できるの?エコキュートが落雷で故障!火災保険適用で修理できるの? 落雷により、家電が故障する可能性があることをご存知の方は多いでしょう。 エコキュートもまた、電化製品の1つなので、落雷で故障する可能性があります。 落雷をはじめ、自然災害などで故障した場合、火災保険で修理できるのかを解説します。 落雷をはじめとした自然災害による故 […]
  • エコキュートとオール電化の違いとは?エコキュートとオール電化の違いとは? オール電化住宅にはエコキュートが欠かせません。ですが中には「”オール電化”と”エコキュート”の違いってなに?」という方もいらっしゃるのでは?「オール電化」住宅とはガスを使わない住宅のことで、「エコキュート」はガスを使用しない電気給湯器です。 この記事では、エコキュートとオール […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください