お役立ちコラム

2021/12/28給湯専用エコキュートとは?機能・メリット・各機種をご紹介

エコキュートの種類の1つに、「給湯専用」タイプがあります。費用が安いから、という理由で給湯専用タイプを検討している方も多いかもしれませんが、機能に制限があることをご存じでしょうか?購入後に後悔しないためにも、基本的な情報を知っておくことが大切です。

この記事では、給湯専用エコキュートの機能・メリット・各メーカーの機種などについて、分かりやすく解説します。
給湯専用エコキュートの購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

給湯専用エコキュートとは?機能・メリット・各機種を徹底解説!

給湯専用エコキュートとは?

エコキュートには、主に次の3種類があります。

  • フルオートタイプ・・・ボタン1つで、「お湯張り」「保温」「足し湯」を自動で行う機種。
  • オートタイプ・・・「お湯張り」や「足し湯」などの機能がある機種。
  • 給湯専用タイプ・・・その名の通り、給湯のみを行う機種。

この記事でご紹介する「給湯専用エコキュート」は、フルオートタイプやオートタイプのような便利機能が付いておらず、給湯のみを行うシンプルな機種です。

給湯専用エコキュートのメリット

給湯専用エコキュートの最大のメリットは、「経済性」です。たくさんの機能が付いているフルオートタイプは便利ですが、その分だけ光熱費も多くかかります。例えば、フルオートタイプは自動で保温を行うため、電気代の高い昼間にも追い焚きをするようになり、電気代が安い深夜にお湯を沸かすというメリットを享受できなくなります。その点、給湯専用エコキュートは、機能が少ない分、光熱費が安く済むのが特長です。
自動の保温機能が付いていないため、ぬるくなった浴槽のお湯を温めるには、少し手間がかかりますが、経済的な面では有利になります。便利な機能よりも経済性を重視するという方には、給湯専用エコキュートがおすすめです。

給湯専用エコキュートは追い焚きできない

フルオートタイプやオートタイプとは異なり、給湯専用エコキュートには追い焚き機能が付いていないため、注意が必要です。追い焚き機能とは、自動保温機能ともいい、ぬるくなったお湯を自動で温めてくれる機能のことです。
給湯専用エコキュートの場合は、浴槽のお湯を温め直すには、足し湯を行う必要があります。保温を自動で行ってくれるフルオートタイプに比べると、お湯を温めるのに少々手間がかかるのが、給湯専用タイプのデメリットといえるでしょう。

給湯専用エコキュート3選

ここでは、主要メーカーが販売している、給湯専用エコキュートの機種をご紹介します。
機種を選ぶ際の、参考にしてくださいね。

三菱

三菱は、以下のような給湯専用エコキュートを販売しています。

  • 一般地向け「Aシリーズ」の角型
  • 一般地向け「Aシリーズ」のコンパクトエコキュート
  • 寒い地域向け「Aシリーズ」の角型、
  • 寒い地域向け「Aシリーズ」のコンパクトエコキュート

これらの機種は全て、耐塩害仕様に対応している他、次のような機能が付いています。

  • 太陽光発電システムと連携し、天気に応じて沸き上げを行う「お天気リンクEZ」
  • 天気予報と過去の太陽光発電量実績に基づき、AIを使って高い精度で太陽光発電量を予測する「お天気リンクAI」(コンパクトエコキュートは除く)
  • 外出先からスマホなどを使って遠隔操作ができる「スマホ連携」

パナソニック

パナソニックが販売する給湯専用エコキュートには、以下のような製品があります。

  • 一般地向け「Jシリーズ」
  • 海辺の地域の住宅にも設置できる「耐塩害仕様」
  • 寒い地域向けの「Fシリーズ」

寒冷地以外の一般的な地域向きの「Jシリーズ」には、

  • タンク容量370リットル(3人~5人世帯用)の「HE-J37KZS」
  • タンク容量460リットル(4人~7人世帯用)の 「HE-J46KZS」
    などが発売されています。

これら機器には、次のような機能が搭載されています。

  • エコキュートの専用アプリ
  • ソーラーチャージ
  • 真空断熱材
  • 震度7相当に耐えられる4本脚耐震設計技術
  • 遠隔操作が可能なHOME IoT (AiSEG) システムに対応
  • ECHONET LiteAIF認証対応

コロナ

コロナは、次のような給湯専用エコキュートのラインナップがあります。

  • 一般地向けの省スペース・スリムタイプ
  • 一般地向けのスタンダードタイプ
  • 一般地向けの耐重塩害仕様
  • 寒い地域向けの省スペース・スリムタイプ
  • 寒い地域向けのスタンダードタイプ

一般地向けの省スペース・スリムタイプ、又はスタンダードタイプのタンク容量は、以下のものがあります。

  • 300リットル(2人~4人世帯用)の「CHP-S30NY2」
  • 370リットル(3人~5人世帯用)の「CHP-37NY2」
  • 460リットル(4人~7人世帯用)の「CHP-46NY2」

搭載機能は、次の通りです。

  • お湯はりお知らせ機能
  • 使い切りモード
  • 今日の沸き増し休止
  • 貯湯ユニット内の配管はステンレス製(CHP-S30NY2は除く)
  • 汚れんコート(CHP-S30NY2は除く)
  • 高圧力(最高使用圧力190kPa)
  • ecoガイド(リモコンの操作方法などを確認)

まとめ

以上、給湯専用エコキュートについてご紹介しました。
給湯専用エコキュートは、光熱費が安く済むなど経済的に有利ですが、機能に制限があるというデメリットも存在します。そのため購入の際には、メリット・デメリットの双方を考慮することが大切です。
機能性よりも経済性を重視するという方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか?
もし、エコキュートのことでお困りの方がいらっしゃいましたら、「エコキュート交換救急隊」にぜひご相談ください。

当社は埼玉・東京・神奈川・千葉で電気給湯器の交換を行っている「家の電気のスペシャリスト」です。
当社は累計10,000件もの交換実績がありますので、安心してお任せください。

エコキュート交換設置・オール電化についてはこちら

関連記事

  • エコキュートのシャワーだけお湯が出ない原因は?対処法も解説!エコキュートのシャワーだけお湯が出ない原因は?対処法も解説! エコキュートを使用している際に、シャワーだけお湯が出なくて悩んでいる方がいるかもしれません。 そこで今回は、エコキュートのシャワーだけお湯が出ない原因と対策を解説します。 エコキュートのシャワーだけお湯が出なくて困っている方は、ぜひ本記事を参考にしてください。 […]
  • 電気温水器とエコキュートの違いとは?電気代などを徹底比較!電気温水器とエコキュートの違いとは?電気代などを徹底比較! 電気を使う給湯器には主に「電気温水器」と「エコキュート」があります。 電気温水器とエコキュートの具体的な違いや電気代などの面でどちらがお得なのかを知りたいという方も多いと思います。給湯器を設置するならじっくりと比較してお得な方を選びたいですよね。 この記事では電気温水器とエ […]
  • エコキュートの水圧を上げる方法3選!高圧式への買い換えも解説!エコキュートの水圧を上げる方法3選!高圧式への買い換えも解説! 「エコキュートって水圧が低いと聞いたんだけど本当?」 「エコキュートの水圧はあとから上げられる?水圧の高い商品はあるの?」 上記の疑問を抱える方のために、この記事ではエコキュートの水圧を上げる方法を徹底解説します。 既にあるエコキュートの水圧を簡単に上げる方法や、水圧 […]
  • プロパンガスからオール電化にするメリットとデメリットを解説!プロパンガスからオール電化にするメリットとデメリットを解説! 家庭で使用するエネルギーといえば、ガスや電力が一般的でしょう。 ガスと電力の両方を使用するか、電力だけにしてしまうか迷っている家庭があるかもしれません。 使用エネルギーを電力のみにすると、どうなるのでしょうか。 今回は、特にプロパンガスを使用しているという家庭が、オー […]
  • エコキュートが凍結したらどうすれば良い? 原因や対処法を紹介エコキュートが凍結したらどうすれば良い? 原因や対処法を紹介 気温が氷点下になることもある寒さの厳しい地域では、冬は水道管が凍ることもありますが、夜間にお湯を沸かしておくエコキュートでさえ凍ることがあります。厳密にいうと、エコキュートと浴槽をつなぐ配管が凍結するのですが、凍ってしまうとお湯が使えないので不便ですね。 ここでは、凍結の原因 […]
  • エコキュートは飲用水として使える?お湯を飲みたい時の対策エコキュートは飲用水として使える?お湯を飲みたい時の対策 光熱費の節約や災害などの非常時にお湯が使えるなどの理由から、最近エコキュートの設置を考える人が増えています。ここで気になるのが、エコキュートは飲用水として使っても大丈夫なのか、ということではないでしょうか。今回は、導入してから後悔や失敗しないために、エコキュートのお湯は飲用水と […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください