お役立ちコラム

2021/12/29タンク容量の目安・家族の人数・地域に適した選び方

エコキュートのタンクの容量には、いくつかの種類があります。みなさんの中には、どれくらいの容量のタンクを選べばいいのか、お悩みの方もいるのではないでしょうか?もし、タンクの容量を選び間違うと、「家族分の使用量を賄えない」ということにもなりかねません。エコキュートのタンクの容量は、世帯の人数分に適した大きさを選ぶことが大切です。

この記事では、エコキュートのタンクの容量の選び方や容量を選ぶ際のポイントについて、分かりやすく解説します。

タンク容量の目安・家族の人数・地域に適した選び方

エコキュートのタンクの容量は主に3種類

エコキュートのタンクの容量は、主に次の3種類があります。

  • 370L
  • 460L
  • 550~560L

最近だと、お湯の消費量が比較的少ない少人数のご家庭向けに、370L以下の容量のものも販売されています。

エコキュートのタンクの容量は世帯の人数で選ぶ

エコキュートのタンク容量を選ぶための、主な基準は「世帯の人数」です。
1人が1日当たりに使用する量の目安は、次の通りです。

 

お風呂の湯はり 約180L
シャワー 80L~100L
洗い物や手洗い 30L

 

ここでは、世帯の人数別のおすすめ容量をご紹介します。

3人世帯~5人世帯の場合は370Lがおすすめ

3人世帯~5人世帯の場合は、370Lの容量がおすすめです。
設定温度が42度・水温9度の場合は、370Lの容量で使えるお湯の量は、約680Lになります。

【内訳】
浴槽1回分(180L)+シャワー4回分(320L)+洗面所・台所での使用量(180L)

4人世帯~7人世帯の場合は460Lがおすすめ

4人世帯~7人世帯の場合は、460Lの容量がおすすめです。設定温度が42度・水温が9度だとすると、460Lの容量がある場合は、約840Lのお湯が使用できます。460Lの容量だと、シャワーは約6回、短時間であれば7~8回は使用できるため、4人~7人のご家庭に最適です。

【内訳】
浴槽1回分(180L)+シャワー6回分(480L)+洗面・台所での使用量(180L)

5人世帯~8人世帯の場合は550L~560Lがおすすめ

5人世帯~8人世帯の場合は、550L~560Lの容量がおすすめです。設定温度42度・水温9度の場合だと、550L~560Lの容量で使用できるお湯の量は、約1,000Lです。シャワーは通常は7回、短時間であれば、8回~9回ほど使用できます。

【内訳】
浴槽1回分(180L)+シャワー6回分(560L)+洗面・台所での使用量(260L)

エコキュートのタンク容量の選び方ポイント

タンク容量の選び方のポイントを2つご紹介します。

大きめの容量を選んでおく

ご家庭でのお湯の使用量が多い場合は、大きめの容量を選んでおくと安心です。近年の製品は、常にお湯を満タン状態にしてくれる設定があるため、湯切れの心配はほとんどありません。ただ、お湯が尽きた時間帯によっては、電気代が高い昼間にお湯を沸かすことになり、あまり経済的とはいえません。その点、大きめの容量の製品を選んでおけば、安心です。浴槽以外でシャワーなどの使用量が多いご家庭の場合は、世帯の人数分で推奨される容量よりも、大きめの容量を選ぶと良いでしょう。
ただし、容量が大きければ、それだけ広い面積の設置場所を必要とするほか、値段も高くなってしまうため、注意が必要です。

世帯数によっては少なめの容量もあり

世帯の人数が3人以下の場合は、370L以下の容量を選ぶのもありです。例えば、高齢者の2人暮らし世帯で、お湯の使用量が少ない場合は、370L以下でも足りるでしょう。
最近では各メーカーが370L以下の製品を販売しているため、ご家族のライフスタイルに合わせて、柔軟に容量を選ぶことが可能です。

【注意】タンク容量は地域差も考慮して選ぶ

タンク容量を選ぶ際には、地域差を考慮することも重要なポイントです。例えば、冬場の北海道と沖縄では、同じ370Lの容量でも、使用できるお湯の量が倍以上も異なります。基本的には、寒い地域では大きめの容量を選び、温かい地域では小さめの容量を選ぶと、失敗は少ないでしょう。このように、地域差を考慮した上でタンク容量を選択することが大切です。

まとめ

以上、エコキュートのタンク容量を選ぶ際のポイントについて解説しました。
最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。

  • 世帯の人数に適した容量を選ぶ
  • お湯の使用量が多い場合は、大きめの容量を選ぶと安心
  • 世帯の人数が3人以下でお湯の使用量が少ない場合は、370Lの容量もあり(ライフスタイルに合わせた選択)
  • 地域差を考慮する

世帯の人数・ライフスタイル・地域差などを意識しつつ、最適なタンク容量を選択してくださいね。もし、エコキュートのことでお困りの方がいらっしゃいましたら、「エコキュート交換救急隊」にぜひご相談ください。

当社は埼玉・東京・神奈川・千葉で電気給湯器の交換を行っている「家の電気のスペシャリスト」です。
当社は累計10,000件もの交換実績がありますので、安心してお任せください。

エコキュート交換設置・オール電化についてはこちら

関連記事

  • 電気温水器とエコキュートの違いとは?電気代などを徹底比較!電気温水器とエコキュートの違いとは?電気代などを徹底比較! 電気を使う給湯器には主に「電気温水器」と「エコキュート」があります。 電気温水器とエコキュートの具体的な違いや電気代などの面でどちらがお得なのかを知りたいという方も多いと思います。給湯器を設置するならじっくりと比較してお得な方を選びたいですよね。 この記事では電気温水器とエ […]
  • 給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較!給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較! 給湯器には主にエコキュートと電気温水器があります。では、この2種類の給湯器にはどんな違いがあるのでしょうか? みなさんの中には、エコキュートと電気温水器のどちらを購入するかで悩んでいる方もいると思います。そこでこの記事では、エコキュートと電気温水器の違いや双方のメリット・デメ […]
  • エコキュートを設置するにはどうしたらいいの?必要なことと事前準備についてエコキュートを設置するにはどうしたらいいの?必要なことと事前準備について エコキュートは電気でお湯を沸かす給湯システムで節電効果が高く、災害時にはタンクのお湯を非常用水として利用できるなど魅力的な要素の多い給湯器です。 いざ、エコキュートを導入しようと思っても、どんな流れで設置するのか、費用はどのくらいかかるのか、など分からないことが多いと思い […]
  • V2Hと蓄電池の違いは何?メリット・デメリットを徹底解説!V2Hと蓄電池の違いは何?メリット・デメリットを徹底解説! みなさんは「V2H」という言葉をご存知でしょうか?V2Hとは電気自動車を蓄電池代わりにするという近年注目されているソリューションです。V2Hは卒FITの有力な選択肢としても注目されています。とはいえ、まだまだV2Hを知らないという方も多いと思います。 みなさんの中には、「V2 […]
  • エコキュートが落雷で故障!火災保険適用で修理できるの?エコキュートが落雷で故障!火災保険適用で修理できるの? 落雷により、家電が故障する可能性があることをご存知の方は多いでしょう。 エコキュートもまた、電化製品の1つなので、落雷で故障する可能性があります。 落雷をはじめ、自然災害などで故障した場合、火災保険で修理できるのかを解説します。 落雷をはじめとした自然災害による故 […]
  • エコキュートの寿命は何年?よくある故障の症状も紹介エコキュートの寿命は何年?よくある故障の症状も紹介 電気給湯器のエコキュートは、空気の熱を利用してお湯を作る、地球にやさしいエコな給湯器で人気が高いです。 しかし、エコキュートは高額なため寿命がどのくらいあるのか心配になりますよね。 ここでは、エコキュートの寿命とよくある故障の症状を中心にご紹介いたします。 エコキ […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください