お役立ちコラム

2021/09/15エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説!

エコキュートの導入の際に真っ先に必要になるのが設置スペースの確保です。
エコキュートは主に「ヒートポンプユニット」と「貯湯タンク」から構成されるので、電気温水器よりも広い設置スペースを必要とします。
スペースのことを考えずに導入を決めると後で困る…
そんなことにならないために事前に設置スペースを決めておきましょう。

この記事ではエコキュートの設置スペースを選ぶ際の注意点や設置工事の流れなどについて分かりやすく解説します。
これからエコキュートを導入する方はぜひ参考にしてくださいね。

エコキュートの設置スペース選びの注意点

エコキュートの設置スペースは、単に機械を置くだけの面積があればよいというものではありません。
ヒートポンプユニットからは低周波音が生じるので、近隣との騒音トラブルを避けるために隣家からできる限り離れた場所を選ぶ必要があります。
また、自身や家族の睡眠を妨げるおそれがあるので、ご自宅の寝室の近くには置かないようにしましょう。

さらに、以前に導入した電気温水器と交換する場合は、配管の位置などを確認して再利用できないか検討するのも大事です。
合わせて、機械を作動させる電気設備の有無や電力の容量のチェックも行ないます。
既にあるものを再利用することでコストを抑えることができます。

土台の基礎工事が重要

設置する場所を決定したら、次は土台の整備です。
コンクリートを流し込んだり砂利を敷き詰めたりなど、土台を作る基礎工事を行ないます。
貯湯タンクの重量は本体だけで60kg~90 kgあり、満水時には400 kg~600kgにも達するので、重みに耐えられる頑丈な地面が必要だからです。
ただし、既に400kg~600kgほどの重みに耐えられる強度の地面がある場合はこれらの作業は不要です。

地面の上に装置を据え置く際には、転倒を防止するために装置をアンカーボルトでしっかりと固定します。
ちなみに、基礎作りの方法は型枠を使ってコンクリートを流し込む「現場打ち」と既製品を持ち込む「エコベース」の2種類があります。
現場打ちは地盤が少し弱い所でもしっかりとした地面を作れますが、コストが比較的高く作業時間も多めにかかるのがデメリットです。

一方のエコベースは既製品を持ち込むだけなのでコストを抑えたスピーディな作業が可能ですが、元々の地盤が弱いと不安定になりがちです。
双方のメリット・デメリットとご自宅の地盤の強弱を見極めた上で適切な方を選択しましょう。

エコキュートの設置工事の流れ

設置工事は次のような流れで進みます。

➀土台の基礎工事を行なう
まずは土台の基礎工事からです。
貯湯タンクの重量は満水状態だと500kg以上にもなるので、その重みに耐えられるようにしっかりと土台を作る必要があります。

➁以前に導入した給湯機がある場合は撤去作業を行なう
既に電気温水器などがある場合は撤去作業を行ないます。
この時、古い給湯機の固定穴をコーティングして塞ぎます。
穴をそのままにしておくと、雨水などが侵入して土台の劣化につながるおそれがあるからです

➂エコキュート本体の設置工事
次に本体の設置工事を行ないます。
貯湯タンクが転倒しないように地面にアンカーボルトを打ち込んで、地面に水平の状態でしっかりと固定します。

④配管工事(給水配管・追い焚き配管・ドレン排水配管など)
本体を設置したら給水用など各種配管の整備を行ないます。

⑤電気配線工事
電気配線工事を行ない、配線をカバーで隠します。

⑥屋内にリモコンを設置
浴室など屋内にリモコンを取り付けます。

⑦作動確認
最後に機器が正常に作動するかを確認し、問題が無ければ工事は完了です。

エコキュートの設置費用の相場

エコキュートの設置工事にかかる費用の相場はおおよそ10万円~20万円ほどです。
ただし、業者によって金額は変わりますので、施工を依頼する際にはあらかじめ見積書を出してもらいましょう。

本体価格に加えて20万円ほどの金額を目安にしてください。
土台の基礎工事にエコベースを採用したり、前に導入していた給湯機の配線を再利用したりすれば、費用を極力抑えることが可能です。

まとめ

最後に重要ポイントをおさらいしておきましょう。

  • 設置スペースは寝室や隣家からできる限り離れた場所を選ぶ
  • 貯湯タンクは大変な重量があるので、重みに耐えられる強固な地面が必要
  • 土台の基礎工事の方法は地盤の強弱に応じて「現場打ち」と「エコベース」の2種類から選ぶ
  • 工事費用相場は約10万円~20万円ほど

設置スペースは面積の大きさはもちろん、低周波音の問題や地盤の強弱などを考慮して適切な場所を選ぶことが大切です。
もしエコキュートの設置をお考えなら「エコキュート交換救急隊」にぜひご相談ください。

弊社は埼玉・東京・神奈川・千葉で電気給湯器の交換を行なっている「家の電気のスペシャリスト」です。
弊社は累計10,000件もの交換実績があるので、安心してお任せいただけます。

→エコキュートの交換は「エコキュート交換救急隊」にぜひご相談ください

 

関連記事

  • エコキュートはエア抜きが必要?手順や注意点をチェックエコキュートはエア抜きが必要?手順や注意点をチェック エコキュートは、空気の熱をヒートポンプユニットで取り込んで水の温度を上げ、貯湯タンクでお湯を保存するという仕組みの電気給湯器です。つまり、単に電気でお湯を沸かす給湯器と異なり、空気を取り込むという機能が搭載されているので、エア抜きというメンテナンスが必要になります。 ここでは […]
  • エコキュートとは?いまさら聞けない基礎知識とメリット・デメリットまとめエコキュートとは?いまさら聞けない基礎知識とメリット・デメリットまとめ 2001年にコロナ社が初めて家庭用エコキュートを販売し始めてから既に600万台が設置されております。 エコキュートの平均寿命は10~15年程度ということで、現在エコキュートの修理や交換に関するお問い合わせが増えてきています。 そもそもエコキュートってなに? & […]
  • エコキュートとガスの併用はできる?それぞれの特徴とメリットとはエコキュートとガスの併用はできる?それぞれの特徴とメリットとは 深夜電力を使いお湯を沸かすエコキュートは、オール電化住宅のための設備と思う方は多いでしょう。 ですが、エコキュートとプロパンガスを併用する家庭もあります。 今回は、エコキュートとプロパンガスを、それぞれの特徴や併用するメリットについてまとめます。 エコキュート […]
  • エコキュートはどれを選ぶべき?主要6社メーカー徹底比較!エコキュートはどれを選ぶべき?主要6社メーカー徹底比較! エコキュートは2001年に発売されて以来、各メーカーは様々なタイプのエコキュートを発表してきました。 2021年現在、エコキュートを販売している主なメーカーは、パナソニック・三菱電機・東芝・ダイキン・コロナ・日立の6社です。 エコキュートを導入・交換したいけれど、一体どの機 […]
  • エコキュートを設置するにはどうしたらいいの?必要なことと事前準備についてエコキュートを設置するにはどうしたらいいの?必要なことと事前準備について エコキュートは電気でお湯を沸かす給湯システムで節電効果が高く、災害時にはタンクのお湯を非常用水として利用できるなど魅力的な要素の多い給湯器です。 いざ、エコキュートを導入しようと思っても、どんな流れで設置するのか、費用はどのくらいかかるのか、など分からないことが多いと思い […]
  • エコキュートの設置前に確認すべきことは何?設置手順をチェック!エコキュートの設置前に確認すべきことは何?設置手順をチェック! 光熱費も安くできて地球環境にも優しいエコキュートに、現在使用しているガス給湯器から交換したいと考えている方は少なくないと思います。 他の給湯器からエコキュートに交換するには、必ず設置工事が必要です。 このコラムでは、エコキュートの設置前に確認すべきことを調査し解説します […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください