お役立ちコラム

2022/01/12エコキュートは飲用水として使える?お湯を飲みたい時の対策

光熱費の節約や災害などの非常時にお湯が使えるなどの理由から、最近エコキュートの設置を考える人が増えています。ここで気になるのが、エコキュートは飲用水として使っても大丈夫なのか、ということではないでしょうか。今回は、導入してから後悔や失敗しないために、エコキュートのお湯は飲用水として飲めるのか詳しく解説します。

エコキュートは飲用水として使える?お湯を飲みたい時の対策

エコキュートは飲用水として飲んでもいい?

電力会社のテレビコマーシャルで「エコキュートのお湯は災害時に生活用水として使える」と紹介していますが、飲用水としてお湯を飲むのはおすすめしません。エコキュートを販売する各メーカーも「お湯を直接飲用することは推奨しません」と伝えています。エコキュートのお湯を飲用できない理由を知る前に、まずはお湯が出る仕組みについて知っておきましょう。
エコキュートは大気中の熱を集めてお湯を沸かす「ヒートポンプユニット」と、温かく熱したお湯を貯めておく「貯湯タンク」の2つセットの組み合わせでお湯を作ります。貯湯タンクの上部はヒートポンプユニットで作り出したお湯、タンク下部は水道水から給水した水です。タンク内の水はヒートポンプユニットで熱交換されるため、貯湯タンクの中は常時お湯がある状態を保ちます。

エコキュートのお湯を飲用できない理由

水道水を熱交換機で沸かしてお湯を作るエコキュート。やかんでお湯を沸かすのと同じ仕組みなのに、なぜ直接お湯を飲用できないのでしょうか。

その理由は、次の2つが関係しています。

  • タンク内の水は水道法の基準外
  • タンク内は汚れが溜まりやすい

日本では水道法によって水質基準をクリアした水が、水道水として流れています。水道水には、原水に含まれる菌を殺菌する塩素や浄水で使うアルミニウムなどの成分が含まれています。水道水に含まれる成分は、一度沸騰させると蒸発してしまい、水道法による水質基準を満たせない可能性が高いのです。
また、エコキュートの貯湯タンク内は、水道水に含まれる成分や配管の汚れが蓄積しやすく、とても衛生的とはいえません。貯湯タンクは直接お手入れできない構造になっているため、水抜きをして水の入れ替えする方法しかないのです。エコキュートのタンク内の水が、常に沸騰状態であるなら問題ないのですが、貯湯タンクは上部から「お湯、ぬるま湯、水」の構造で保たれています。この温度は、雑菌にとって過ごしやすい環境のため、飲むお湯としては衛生的におすすめしません。

エコキュートの飲用NGはお湯!水はOKの理由は?

エコキュートの飲用をおすすめしないのは「お湯」のみ。水はエコキュートとは別の配管から出るため、飲用水として飲んでも問題ありません。蛇口から出る水は水道水の配管を通じてくるため、エコキュートの貯湯タンクに溜めていた水と違って雑菌の繁殖など気にする必要はないでしょう。

ただし蛇口が混合水栓の家庭は要注意

蛇口が水とお湯で分かれているタイプなら、水を直接引用しても問題ありません。水とお湯がひとつの蛇口から出る混合水栓の場合、エコキュートから出るお湯が一度蛇口から出ているため、水が衛生的とは言い切れません。飲用水として水を飲む時は、混合水栓ではない蛇口の水を使うようにしましょう。

エコキュートのお湯を飲用したい時の対策

エコキュートのお湯を直接飲用することはおすすめしませんが、「煮沸してから飲む」のであれば大きな問題はありません。水に含まれる雑菌などは、一度沸騰させることで殺菌できます。ただし、エコキュートのお湯を沸騰させた水は、早いうちに飲み切りましょう。水道水は菌の繁殖を防ぐために塩素が含まれているのですが、煮沸により塩素が除去された水は菌が繁殖しやすい状況です。沸騰して冷めた水は、必ず冷蔵庫で冷やして早めに飲みましょう。

エコキュートを飲用したいならメンテナンスをしよう

エコキュートは光熱費を抑えてお湯が使えるのが最大のメリットですが、一方でメンテナンスが必要というデメリットもあります。エコキュートのお湯を安心して使うためには、貯湯タンク内のメンテナンスが必要不可欠です。とはいえ、貯湯タンクは背の高い筒状なので、フタを開けて掃除するのは至難の業です。フタの開け方やお手入れ方法を間違えてしまうと、破損や故障する原因となるでしょう。貯湯タンク内のメンテナンスは、2~3か月に一度の頻度で水抜きをして、水の入れ替えをするのがおすすめです。

まとめ

エコキュートの飲用は、お湯に関してはおすすめしません。貯湯タンク内は水道水に含まれる成分やタンク内に蓄積した汚れが溜まっていて、衛生的にきれいな状態とはいえないからです。混合水栓でなければ水は水道管から流れてくるため、衛生面を気にせず飲めます。エコキュートのお湯を安心して使うためにも、定期的にメンテナンスをして清潔に保ちましょう。エコキュートのメンテナンスでお悩みの方は、ぜひ当社にお任せください。

→エコキュートの設置・交換はエコキュート交換救急隊にご相談ください

関連記事

  • エコキュートとオール電化の違いとは?エコキュートとオール電化の違いとは? オール電化住宅にはエコキュートが欠かせません。ですが中には「”オール電化”と”エコキュート”の違いってなに?」という方もいらっしゃるのでは?「オール電化」住宅とはガスを使わない住宅のことで、「エコキュート」はガスを使用しない電気給湯器です。 この記事では、エコキュートとオール […]
  • エコキュートはエア抜きが必要?手順や注意点をチェックエコキュートはエア抜きが必要?手順や注意点をチェック エコキュートは、空気の熱をヒートポンプユニットで取り込んで水の温度を上げ、貯湯タンクでお湯を保存するという仕組みの電気給湯器です。つまり、単に電気でお湯を沸かす給湯器と異なり、空気を取り込むという機能が搭載されているので、エア抜きというメンテナンスが必要になります。 ここでは […]
  • エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説!エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説! エコキュートの購入時に気になることの1つが「寿命」ではないでしょうか? 長いスパンで光熱費を抑えるには、エコキュートの寿命を考慮してプランを立てることが大切です。エコキュートの寿命は、一般的に10年~15年ほどといわれていますが、工夫することで極力寿命を延ばすこともできます。 […]
  • エコキュートと灯油ボイラーの特徴を詳しく解説!交換は可能?エコキュートと灯油ボイラーの特徴を詳しく解説!交換は可能? 「エコキュートと灯油ボイラーの違いは何?」「灯油ボイラーからエコキュートへ交換できる?」などの疑問をお持ちの方も少なくないと思います。 このコラムでは、エコキュートと灯油ボイラーの特徴を詳しく解説し、それぞれの違いを項目ごとに比較して紹介しています。 灯油ボイラーか […]
  • エコキュートの室外機の水漏れの原因や対処方法エコキュートの室外機の水漏れの原因や対処方法 エコキュートの水漏れの原因は、結露ができることや配管から水漏れしていることなどが考えらえます。 水漏れの原因によって対処方法も異なるため、水漏れ対策のためには原因のパターンを押さえておくことが重要です。 この記事では、エコキュートの水漏れの原因・対処方法・対処する際の注 […]
  • エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説!エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説! エコキュートの導入の際に真っ先に必要になるのが設置スペースの確保です。 エコキュートは主に「ヒートポンプユニット」と「貯湯タンク」から構成されるので、電気温水器よりも広い設置スペースを必要とします。 スペースのことを考えずに導入を決めると後で困る… そんなことにならないた […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください