お役立ちコラム

2022/04/25エコキュートの設置前に確認すべきことは何?設置手順をチェック!

光熱費も安くできて地球環境にも優しいエコキュートに、現在使用しているガス給湯器から交換したいと考えている方は少なくないと思います。
他の給湯器からエコキュートに交換するには、必ず設置工事が必要です。

このコラムでは、エコキュートの設置前に確認すべきことを調査し解説します。
設置工事の手順や、気になる費用面についても紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

エコキュートの設置前に確認すべきことは何?設置手順をチェック!

エコキュートの設置前に確認すべきこと

エコキュートを導入する前には、必ず設置するためのスペースがあることを確認しなくてはいけません。

構造上エコキュートにはヒートポンプユニットと貯湯ユニットがあり、この2つの機器を置く十分なスペースが必要なのです。

マンションや、持ち家でも土地が狭くて近隣住宅との距離があまりない場合などは、そもそも設置自体が無理な場合もあります。

たとえ設置できたとしても、無理に取り付けしてしまうと後でメンテナンスができなくなってしまったり、保証が効かなくなってしまったりすることもあるので注意しなくてはいけません。

ちなみに、メーカーによっても設置に必要なスペースは異なりますが、壁などの障害物から10~30㎝の距離が必要で、ヒートポンプと貯湯ユニットの間の距離は30~60㎝なくてはいけません。

設置基準を満たせないのに、施工を迫ってくるような業者は利用しない方が賢明です。

エコキュートの設置手順

エコキュートが設置可能なスペースがあることを確認できたら、既存の給湯器の撤去作業からはじめます。

交換する前にガス給湯器を使用していた場合はガス会社に連絡し、他のガス機器のことも考えて必要に応じて契約を解除してください。

エコキュートの設置には、基礎工事が必要になるケースが多いです。
その理由はユニットの重量が本体だけで60~90kgあるからで、安全に利用するにはしっかりとした土台が必要になるからです。

十分なコンクリートベースがなければ、既存の給湯器を撤去した後に基礎工事を行います。
土台が完成したら、ヒートポンプユニットと貯湯ユニットの本体を取り付けます。

エコキュートを設置するためには、給水配管工事、追い焚き配管工事、ドレン排水配管工事の3種類の配管工事も必要になります。

エコキュートを設置するには、専用ブレーカー設置工事、専用配線工事、分電盤交換工事などの電気工事も必要で、電気会社との契約変更も必須となっています。

電気工事に関しては、エコキュートの設置を依頼した業者に契約内容の変更の手続きも含めて代行してもらうことができます。
有料にはなりますが、自分で手続きをするのが面倒な場合は任せても問題ありません。

エコキュート設置にかかる費用相場

前項で紹介したように、エコキュートを設置するには基礎工事や配管工事や電気工事が必要となり、設置環境やどこに依頼するかによってもかかる費用は変わってきます。

エコキュートには多くの種類が用意されていますが、一般的な4~5人家族向けの商品なら本体価格は20~30万円程度となっています。

これに基礎工事と配管工事と電気工事がプラスされると、古い給湯器からエコキュートに交換する場合の総費用は35~60万円程度となります。

さらに、リモコンが必要な場合は1~2万円程度がかかり、10年などの長期保証を付けると3万円ほどの費用が必要になることもあります。

できるだけ安価にエコキュートに交換したいなら、既存の配管を再利用したり、基礎工事にエコベースと呼ばれる既製品のコンクリートを利用したりするなどの方法もあります。

さらに、エコキュートを設置する場合は、自治体から補助金が出ることもあるので、あらかじめ自治体に確認することをおすすめします。

依頼する業者によっても、本体価格も工事費用も異なるので、1社に絞らないで複数社から相見積りをとることを推奨します。

業者を選ぶときには、見積金額だけではなく、工事内容や業者の実績や信頼性も確認することが大事なポイントです。

エコキュートの設置にかかる時間について

既存の給湯器からエコキュートに交換するときには、設置工事にかかる時間が気になるという方も多いと思います。
特に寒い冬場には、1日でもお湯が使えないのは耐えられないことです。

気になるエコキュートを交換するために必要な時間は、半日から1日で終わる場合がほとんどなので、過度な心配はいりません。

ただし、自分が欲しい商品の在庫がない場合は、取り寄せまでに2~3日かそれ以上かかることもあるので、前の給湯器が故障している場合は数日お湯が使えないという事態になることもあります。

しかし、エコキュートを交換してくれる業者の中には商品が届くまで代替品を用意してくれるところもあります。

代替品がなくても、修理や応急処置で対応してくれる業者もいるので、費用面も含めて業者選びはとても重要なポイントです。

「エコライト」では、エコキュートに関することなら何でも相談に乗って、満足いく工事を提供することが可能です。

エコキュートの設置をご検討中の方は、ぜひ当社にご連絡ください。

エコキュートのメンテナンスや交換は「エコキュート交換救急隊 」にぜひお任せください!

関連記事

  • エコキュートの選び方は?容量やサイズなどポイントを紹介します!エコキュートの選び方は?容量やサイズなどポイントを紹介します! エコキュートが登場してから、各メーカーから様々な種類のエコキュートが販売されています。種類が多いため、どれを選んだら良いかわからない!という方も多いのではないでしょうか?自分に合ったエコキュートを選ぶためには、機能・容量・お住いの環境などを知ることが大切です。今回の記事では、エ […]
  • エコキュートでの追い炊きは可能!仕組みや注意点を徹底解説エコキュートでの追い炊きは可能!仕組みや注意点を徹底解説 エコキュートは貯湯タンクのお湯と水道水で温度調節するため「追い炊き」はできないと思っている方が多いようです。 確かにエコキュートには足し湯機能が付いており、各メーカーも推奨していますが、実は追い炊き機能が付いているタイプもあるのです。 この記事では、エコキュートの追い炊 […]
  • エコキュートと灯油ボイラーの特徴を詳しく解説!交換は可能?エコキュートと灯油ボイラーの特徴を詳しく解説!交換は可能? 「エコキュートと灯油ボイラーの違いは何?」「灯油ボイラーからエコキュートへ交換できる?」などの疑問をお持ちの方も少なくないと思います。 このコラムでは、エコキュートと灯油ボイラーの特徴を詳しく解説し、それぞれの違いを項目ごとに比較して紹介しています。 灯油ボイラーか […]
  • オール電化は停電に弱い?停電への対処法や事前対策を徹底解説!オール電化は停電に弱い?停電への対処法や事前対策を徹底解説! オール電化住宅は、家庭で使用するエネルギーの全てを電力で賄うため、「停電に弱い」というイメージがあるかもしれません。ですが、実際にはガス併用住宅もガス使用時には電力が必要なので、オール電化住宅だけが停電に弱いということはないのです。とはいえ、停電すると困るのも事実。オール電化住 […]
  • 蓄電池のメリットとは?デメリットはある?蓄電池のメリットとは?デメリットはある? 昨今、電気を溜めることができる「蓄電池」の注目が高まっています。 蓄電池とは、その名の通り電気を蓄えることができ、何回でも使うことができるというシステムです。 今回は、蓄電池の仕組み、メリット・デメリットについて解説していきたいと思います。   蓄 […]
  • 電気とガスの契約をまとめるメリットとデメリットとは電気とガスの契約をまとめるメリットとデメリットとは 電力小売りの自由化に伴い、電気とガスをまとめて契約できるようになりました。 そこで多くの方が気になるのが、「まとめるとお得なのか?」ということではないでしょうか? せっかくまとめてもデメリットの方が多ければ、まとめる意味がありませんよね。 「こんなはずではなかった・・・」 […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください