お役立ちコラム

2022/11/27エコキュートの施工とは|設置の流れや追加費用が必要なケースを解説

「エコキュートの施工内容は?」
「どれくらいの費用がかかる?」

ガス・石油給湯器からエコキュートへの変更を考えている方や、家を建てる際にエコキュートの導入を考えている方もいらっしゃるでしょう。
エコキュートの施工内容がわかれば、必須の工事内容がわかるはずです。
余計な費用を支払う心配がなくなり、導入コストを抑えられる可能性があります。

そこで本記事では、施工前から工事内容までの手順と、工事の注意点を解説します。
賢くエコキュートを導入するために、事前にエコキュートの施工内容を見ておきましょう。

エコキュートの施工とは|設置の流れや追加費用が必要なケースを解説

エコキュートの施工前の準備から使用開始までの流れ

下記の表は、エコキュートの施工準備から使用開始までの流れです。

1.現地調査 業者が自宅に来て、エコキュートの設置場所を確認する

分電盤・洗面所・お風呂などを見る。

2.見積もり 現地調査の内容をもとに見積もりする。
3.電力会社へ申請 業者が電力会社へ契約変更手続きを申請する。
4.設置工事 既存の給湯器を取り外し、エコキュートを設置する。
5.使い方の説明 設置工事が終わったあと、使い方の説明を聞く。
6.支払い 指定の方法で支払う。

クレジットカードやローン払いも可能なケースが多い。

7.使用開始 基本的に、設置工事の日からお湯は使える。

エコキュートを設置・交換する手順|標準工事の内容

エコキュートを設置する標準工事は、以下の流れで行います。

1. 既設の給湯システムを撤去
2. 本体を設置する基礎部分の工事を行う
3. エコキュート本体とヒートポンプユニットを設置する
4. 電気コードの配線や接続の工事を行う
5. 水やお湯が通る配管の工事を行う
6. リモコンを取り付ける工事を行う
7. 正しく動くかどうかチェックするための試運転

標準工事は、一般的に最初から含まれている工事内容・費用です。

1.既設の給湯システムを撤去

新築でない場合は、既設の給湯システムを撤去しなければなりません。
まず既設の給湯システムの水抜きをし、水を抜いている間にリモコンを撤去するのが一般的です。
そのあと、電気コードや配管を外し、既存の給湯システムを撤去します。

2.本体を設置する基礎部分の工事を行う

エコキュートを置く土台となる、コンクリートの基礎工事を行います。
基礎工事には「エコベース」「土間打ち(現場打ち)の2種類があります。

エコベースは、既製品のコンクリートブロックとアルミのプレートを組み合わせ、その中にコンクリートを流し込むタイプの土台です。
土間打ちは、一から鉄筋を組み、コンクリートを流し込んで作ります。
エコベースの方が早く安価にできますが、地盤のゆるい土地には使用できません。

3.エコキュート本体とヒートポンプユニットを設置する

エコキュート本体(貯湯タンク)を搬入し、本体と土台が水平になるようにアンカーボルトを打ちつけます。
そのあと、エアコンの室外機の見た目によく似た「ヒートポンプユニット」を本体の横に設置します。

4.電気コードの配線や接続の工事を行う

分電盤から電源コードを分岐させ、本体へ配線します。
エコキュート本体の電源部分のフタを開けたら、まずは電源コードの接続です。
感電や発火を防ぐ「アース線」を取り付けたら、本体とヒートポンプユニットを電源コードでつなげます。

最後に、室内のリモコンにつながる電源コードを取り付けたら、電気工事は完了です。

5.水やお湯が通る配管の工事を行う

エコキュートに水を送るための給水配管と、お湯を送る給湯配管を取り付けます。
追い焚き機能がある場合は、浴室にお湯を入れるための浴室配管・風呂アダプタを設置します。

ただし風呂アダプタ工事は、標準工事に含まれていない場合がほとんどです。

最後に、エコキュート・ヒートポンプユニット間で水とお湯を送る「ヒートポンプ配管」を取り付けます。

6.リモコンを取り付ける工事を行う

キッチンや浴室にリモコンを設置します。
防水のためにリモコンのまわりをコーキング材で埋めたら、全体の設置工事は完了です。

7.正しく動くかどうかチェックするための試運転

工事後は、電源を入れてリモコンの表示に問題がないか確認し、音声ガイダンスが流れるかどうか試運転します。
また、ヒートポンプ配管の空気を抜き、水を送る沸きあげが正常に行われるかもチェックします。

試運転で動作に問題がなければ、使い方の説明をして終了です。

エコキュートの設置費用|本体+標準工事

エコキュートの設置費用は、本体価格と標準工事込みで提示される場合がほとんどです。
エコキュート(ヒートポンプユニット含む)の価格は、容量・機能によって幅がありますが、約20万円~40万円程度が一般的でしょう。

標準工事費用は、約10万円〜20万円程度が一般的です。
そのため、本体価格と標準工事を合わせて総額30万円~60万円程度になります。

【注意】よくある追加工事・費用が発生するケース

追加工事・費用が発生する主なケースは、以下の通りです。

● ケース1|既存の分電盤が200Vに対応していない場合は「分電盤工事」が必要
● ケース2|追い焚き機能付きにする場合は「風呂アダプタ工事」が必要
● ケース3|通常の搬入が困難な場合は「特殊運搬費用」が必要

事前に確認しておけば、予想外の出費を防げます。

ケース1|既存の分電盤が200Vに対応していない場合は「分電盤工事」が必要

既存の分電盤(ブレーカー)が200Vに対応していない場合は、必ず分電盤工事をしなければなりません。

分電盤工事は、追加で3万5,000円〜6万円程度かかるケースが多いです。
また200Vの配線が引き込まれていないと、さらに追加で2万5,000円~5万5,000円程度かかります。

ケース2|追い焚き機能付きにする場合は「風呂アダプタ工事」が必要

追い焚き機能付きにする場合は、風呂アダプタ工事が必要です。
風呂アダプタ工事は、約1万円~1万5,000円程度かかるケースが多いでしょう。
工事では浴槽に穴を空け、アダプタ(お湯が出てくるところ)を設置します。

多くのご家庭で必要になる風呂アダプタ工事ですが、標準工事に含まれていないケースが多いです。

ケース3|通常の搬入が困難な場合は「特殊運搬費用」が必要

自宅まわりが狭い道だったり、エコキュートの設置場所までに障害物があったりする場合は、特殊運搬費用がかかります。
例えばユニック車(クレーンを装備したトラック)を使用して搬入するケースなどです。

一般的に現地調査の際に見積もりが行われるので、心配な場合はその場で質問しておきましょう。
知らないうちに追加費用に含まれているかもしれません。

まとめ

本記事では、エコキュートの施工内容や追加工事が必要になるケースについて解説しました。
初めてエコキュートを設置する場合は、必ず基礎工事が必要になります。

地盤がゆるくなければ安価な「エコベース」を選択できるため、知っておくと業者に伝えて費用を抑えられるでしょう。
このように、エコキュートの施工前に工事内容を知っておくと、希望に沿った施工にしやすくなります。

エコキュートの交換設置は「エコキュート交換救急隊 」にぜひお任せください!

関連記事

  • 【エコキュートで生じる問題】ウォーターハンマーの原因や対策を解説【エコキュートで生じる問題】ウォーターハンマーの原因や対策を解説 本記事を読んでいる方のなかで、エコキュートのうるさい音に悩まされている方も多いでしょう。 現在皆さんが悩んでいる騒音は、ウォーターハンマーが原因かもしれません。 なぜそのような現象が起きるのか、原因と対策法を解説します。 ぜひ、本記事を参考にして対策に努めましょう。 […]
  • エコキュートとは?いまさら聞けない基礎知識とメリット・デメリットまとめエコキュートとは?いまさら聞けない基礎知識とメリット・デメリットまとめ 2001年にコロナ社が初めて家庭用エコキュートを販売し始めてから既に600万台が設置されております。 エコキュートの平均寿命は10~15年程度ということで、現在エコキュートの修理や交換に関するお問い合わせが増えてきています。 そもそもエコキュートってなに? & […]
  • 「v2h」とは?仕組みや6つのメリットを徹底解説!「v2h」とは?仕組みや6つのメリットを徹底解説! みなさんは「v2h」をご存知でしょうか?v2hは近年注目されている電気自動車の活用方法です。v2hにはたくさんのメリットがあるのですが、まだまだ知らない方も多いと思います。 そこで、本記事ではv2hについて分かりやすく解説します。 そもそもv2hとは? そもそも「 […]
  • エコキュートが凍結したらどうすれば良い? 原因や対処法を紹介エコキュートが凍結したらどうすれば良い? 原因や対処法を紹介 気温が氷点下になることもある寒さの厳しい地域では、冬は水道管が凍ることもありますが、夜間にお湯を沸かしておくエコキュートでさえ凍ることがあります。厳密にいうと、エコキュートと浴槽をつなぐ配管が凍結するのですが、凍ってしまうとお湯が使えないので不便ですね。 ここでは、凍結の原因 […]
  • エコキュートの給湯温度は何度がおすすめ?4つの節約術を紹介!エコキュートの給湯温度は何度がおすすめ?4つの節約術を紹介! エコキュートの給湯温度は電気代に密接に関わってきますが、一体何度が最適なのでしょうか? 電気代の節約や省エネに最適な給湯温度を知りたいところですよね。 また、給湯温度以外にもエコキュートの電気代を節約するためのポイントが知りたいという方も多いと思います。 そこで、この記事 […]
  • 【エコキュート】価格と工事費はいくら?選び方と注意点も解説!【エコキュート】価格と工事費はいくら?選び方と注意点も解説! 「エコキュートってどんな種類があるの?」 「エコキュートっていくらするの?」 「エコキュートの工事費用っていくら?」 ガス給湯器に比べ省エネで、火災の危険性が低いため、近年人気のあるエコキュート。 家庭に設置したくても、エコキュートの種類・価格・注意点がわからなけれ […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください