お役立ちコラム

2022/03/18エコキュートが落雷で故障!火災保険適用で修理できるの?

落雷により、家電が故障する可能性があることをご存知の方は多いでしょう。
エコキュートもまた、電化製品の1つなので、落雷で故障する可能性があります。
落雷をはじめ、自然災害などで故障した場合、火災保険で修理できるのかを解説します。

エコキュートが落雷で故障!火災保険適用で修理できるの?

落雷をはじめとした自然災害による故障報告は多い

エコキュートは、屋外に設置される設備ということもあり、落雷をはじめとした自然災害により故障するケースが多々あります。
代表的な例は、次の通りです。

落雷

落雷による故障報告は、多くあります。
落雷が起こると、内部では過電流が発生し配線に損傷が起こり、故障してしまうのです。

冠水被害

豪雨災害のために冠水し、使用できなくなることも多くなっています。
冠水したエコキュートを稼働させてしまうと、漏電の心配があります。
問題がなさそうにみえても、内部に水や泥などが残っている可能性があります。

また、沿岸部などでは浸水時に海水が混じり、内部に塩分が残ることもあります。
再稼働に当たっては、必ず業者による点検が必要です。

強風の影響

台風による強風や竜巻被害など、強風の影響で故障することもあります。
例えば、強風による転倒や、強風に乗りものが飛散してきて、エコキュートにぶつかり破損することが想定されます。

一度転倒すると、内部に損傷が起こっている可能性があります。
また、飛散物が衝突することで、外観が傷つき塗装がはがれてしまい、錆びが起こりやすくなる危険もあるでしょう。

地震による倒壊

近年頻度を増している地震災害ですが、地震の揺れにより倒壊することもあるでしょう。
強風による倒壊と同じように、一度倒れたエコキュートは外観上問題がなくても内部破損が発生してしまう危険があります。

雪による被害

エコキュートに雪が積もり潰れるケースは少ないのですが、屋根から落ちた落雪によりエコキュートが潰れたという報告はあります。
積雪とは異なりますが、雹がぶつかり破損することも考えられます。

その他

自然災害とはいえませんが、火災により損害を受けたり、車が衝突して破損したりするケースもあります。

火災保険で修理可能な場合も

火災や車の衝突など、自分が原因ではない事故の場合なら、修理費用は加害者に負担してもらうことはできるでしょう。

ですが、相手が自然だった場合、修理費用は全額自己負担になってしまうのでしょうか。
ケースによっては、加入している火災保険で修理できるかもしれません。

火災保険とは

火災保険という名前から、火災による被害や損害に対して支払われる保険と思っている方がいるかもしれません。
ですが、火災保険はさまざまな自然災害による損害を補償してくれる保険です。

契約内容によっても異なりますが、落雷や冠水、風災といった自然災害でエコキュートが故障した場合にも、給付が受けられる可能性があります。

火災保険は、大きく分けると「建物」だけを補償するプランと「建物と家財」を補償するプランがあります。
エコキュートは、建物ではなく「家財」になるため「建物と家財」を補償するプランなら補償範囲内となります。

契約内容を細かくチェック

建物と家財を補償するプランでも、契約内容によっては補償が受けられないことがあります。
火災保険では、どのようなときに補償が受けられるかが、かなり細かく設定されています。

落雷による故障の場合、補償内容に「落雷」が含まれていれば補償対象となります。
「風災・雹災・雪災」が補償内容に含まれていれば、強風被害や雹による破損、積雪や落雪による損害に対応します。

地震が原因の故障は対象外

同じ自然災害でも、原因が地震の場合は火災保険では修理費用や交換費用は補償されません。
地震の場合は、「地震保険」という別の保険があります。
火災保険では、対応できませんので注意しましょう。

全額補償が受けられないこともある

対象となる火災保険に加入していても、エコキュートの修理や交換費用が給付されない、または全額補償が受けられないこともあります。
例えば、免責が設定されている場合です。

免責というのは修理費用や交換費用の内、被保険者が自己負担する金額です。
修理費用に関わらず一定金額を自己負担する場合と、一定金額以下の修理費用は全額自己負担とし、一定金額を上回る場合は全額保険会社が負担する場合があります。

例えば、後者の条件で20万円といった免責額が設定されていると、修理費用が20万円を超えない場合、保険給付は受けられません。
逆に、20万円を1円でもオーバーしていれば、全額給付されます。

また、火災保険はあくまでも不足かつ突発的な事故による故障や損害を補償するものです。
原因が経年劣化によるものの場合は、補償対象外となります。

補償を活用する場合の注意事項

加入している火災保険が故障原因をカバーするものであれば、火災保険を使いエコキュートの修理・交換が可能です。
火災保険を使う場合は、修理する前に保険会社に連絡し保険金を請求しなければなりません。
いち早く修理したいと思うかもしれませんが、修理後では保険金請求ができませんので注意しましょう。

エコキュートが故障している間、自宅のお風呂が使えず公衆浴場や日帰り温泉施設を利用する場合は、必ず領収証をとっておきましょう。
これらの費用も、補償対象となる可能性があるためです。

まとめ

落雷をはじめとした自然災害が原因でエコキュートが故障した場合は、火災保険で補償される可能性があります。
加入している火災保険の内容をよくチェックし、まずは保険会社に相談してみてくださいね。

また、エコキュートの故障でお悩みの方は、ぜひ当社「エコライト」に修理をお任せください。

 

エコキュートのメンテナンスや交換は「エコキュート交換救急隊 」にぜひお任せください!

関連記事

  • 給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較!給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較! 給湯器には主にエコキュートと電気温水器があります。では、この2種類の給湯器にはどんな違いがあるのでしょうか? みなさんの中には、エコキュートと電気温水器のどちらを購入するかで悩んでいる方もいると思います。そこでこの記事では、エコキュートと電気温水器の違いや双方のメリット・デメ […]
  • エコキュートとオール電化の違いとは?エコキュートとオール電化の違いとは? オール電化住宅にはエコキュートが欠かせません。ですが中には「”オール電化”と”エコキュート”の違いってなに?」という方もいらっしゃるのでは?「オール電化」住宅とはガスを使わない住宅のことで、「エコキュート」はガスを使用しない電気給湯器です。 この記事では、エコキュートとオール […]
  • エコキュートの水圧を上げる方法はある?水圧が弱くなる原因とはエコキュートの水圧を上げる方法はある?水圧が弱くなる原因とは エコキュートの水圧が急に弱くなったと感じていませんか?毎日シャワーを浴びるたび、水圧が弱いとイライラが溜まってストレスを感じることもあるでしょう。今回は、なぜエコキュートの水圧はガスや灯油タイプの給湯機に比べて水圧が弱くなるのか、原因や水圧を上げる方法などについて詳しく解説しま […]
  • エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説!エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説! エコキュートの導入の際に真っ先に必要になるのが設置スペースの確保です。 エコキュートは主に「ヒートポンプユニット」と「貯湯タンク」から構成されるので、電気温水器よりも広い設置スペースを必要とします。 スペースのことを考えずに導入を決めると後で困る… そんなことにならないた […]
  • エコキュートとガスの併用はできる?それぞれの特徴とメリットとはエコキュートとガスの併用はできる?それぞれの特徴とメリットとは 深夜電力を使いお湯を沸かすエコキュートは、オール電化住宅のための設備と思う方は多いでしょう。 ですが、エコキュートとプロパンガスを併用する家庭もあります。 今回は、エコキュートとプロパンガスを、それぞれの特徴や併用するメリットについてまとめます。 エコキュート […]
  • エコキュートが凍結したらどうすれば良い? 原因や対処法を紹介エコキュートが凍結したらどうすれば良い? 原因や対処法を紹介 気温が氷点下になることもある寒さの厳しい地域では、冬は水道管が凍ることもありますが、夜間にお湯を沸かしておくエコキュートでさえ凍ることがあります。厳密にいうと、エコキュートと浴槽をつなぐ配管が凍結するのですが、凍ってしまうとお湯が使えないので不便ですね。 ここでは、凍結の原因 […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください