お役立ちコラム

2022/01/13エコキュートの水圧を上げる方法はある?水圧が弱くなる原因とは

エコキュートの水圧が急に弱くなったと感じていませんか?毎日シャワーを浴びるたび、水圧が弱いとイライラが溜まってストレスを感じることもあるでしょう。今回は、なぜエコキュートの水圧はガスや灯油タイプの給湯機に比べて水圧が弱くなるのか、原因や水圧を上げる方法などについて詳しく解説します。

エコキュートの水圧を上げる方法はある?水圧が弱くなる原因とは

エコキュートの水圧が弱くなる原因は?

ガスや灯油タイプの給湯機を使っていた経験があると、エコキュートを使った時に水圧の弱さを感じやすいでしょう。大きな原因は、お湯を作り出す仕組みが関係しています。ガスや灯油タイプの給湯機は水道直圧方式ですが、エコキュートは沸かしたお湯を貯湯タンクに保管して、お湯を使う時に給湯する方式です。エコキュートの貯湯タンクの耐圧は限りがあり、減圧水で一度、水道水の水圧を減圧して貯めています。そのため、エコキュートの標準タイプであれば、水圧は約3分の1も減圧しているのです。エコキュートは減圧した状態でお湯を貯湯タンクから使うため、シャワーの水圧も必然的に低下します。

他にもエコキュートの水圧は、次のような原因で弱くなる可能性があります。

  • 水道の元栓が半開き状態
  • 止水栓の開きが中途半端
  • 水栓のフィルターにゴミが詰まっている
  • エコキュートの強さが環境と合っていない

エコキュートの水圧が弱いと感じた時は、水道の元栓や止水栓などを確認してみてください。

エコキュートの水圧が弱くなるとどうなる?

エコキュートの水圧が弱くなると、次のようなデメリットを感じるケースが増えます。

  • シャワーをしても物足りなさを感じる
  • 浴槽にお湯を貯める時間が長くなる
  • お風呂の設置は1階のみと制限がかかる

水圧が弱いと、お湯を使った時に効率よく家事をしたり体を洗ったりできません。また、お風呂を2階以上に設置するリフォームをする際、水圧の弱さが原因で1階にしか設置できない可能性があります。エコキュートの水圧が弱いと、生活面でさまざまなデメリットを感じるでしょう。

エコキュートの水圧を上げる方法

ちょっとした工夫で、エコキュートの水圧を上げることができます。水圧の弱さで悩んでいる時は、解消する方法を実践してみてください。

エコキュートの給湯温度を上げる

エコキュートの給湯温度を高く設定して使うことで、水圧が上がります。例えば、エコキュートの給湯温度を41℃に設定すると、お湯を使う時に貯湯タンクからそのままお湯が出ます。給湯温度を使うお湯の温度より高くすることで、水道圧の強い水と混ぜ合わせて出てくるため、水圧の強いお湯が出てきます。

シャワーヘッドを交換する

シャワーヘッドを低圧用タイプに交換することでも、水圧を上げられます。低圧用シャワーヘッドは、お湯が出る穴が小さいため、通常よりも水圧を強く感じます。ただし、シャワーから出る水の広がりが狭いため、頭や体を洗い流すのに時間がかかることがある点には注意しておきましょう。低圧用シャワーヘッドは、ホームセンターや通販などで購入できます。

複数の場所でお湯を使わない

基本的に1家庭の水道管は1本なので、同じ時間帯に複数の場所でお湯を使うと水圧が弱くなります。強い水圧で使いたい時は「シャワーのみ、茶碗洗いのみ」など、1箇所に決めてエコキュートの水圧を上げる工夫をしましょう。

エコキュートを高圧給湯タイプに交換する

標準タイプのエコキュートを使っているなら、高圧給湯タイプに交換すると水圧が上がります。メーカーによって水圧の強さは違うのですが、中には標準タイプでも「高圧タイプ」としているケースもあるので気をつけましょう。一般的なエコキュートのシャワー水圧は170~190kPaですが、高圧給湯タイプのエコキュートは260~320 kPaと水圧が強いです。従来のエコキュートに比べて、最新のタイプは水圧も強く節電できるなどメリットが大きいので、水圧の弱さを感じている時はエコキュートの交換もおすすめです。

エコキュートの水圧が強い高圧機種とは?

エコキュートの高圧機種タイプを選ぶことで、今よりも水圧を上げられます。基本的にエコキュートは貯湯タンクからお湯を出すのですが、日立は水道直圧タイプのエコキュートを販売しています。ガスや灯油の給湯機と同じ仕組みなので、水道の圧力がそのままシャワーとして出てくるので、強い水圧で使用できます。

エコキュートの中で、水圧の強いメーカーと機種を紹介します。

  • 日立「ナイアガラシリーズ」(目安:500 kPa)
  • ダイキン「パワフル高圧タイプ」(目安:320 kPa)
  • 東芝「パワフル高圧タイプ」(目安:300 kPa)

標準タイプのエコキュートに比べて、高圧機種タイプは2階や3階に設置したお風呂でも強い水圧を感じやすいでしょう。

まとめ

エコキュートの水圧は、機種のタイプや止水栓の状況などで強さが変わります。標準タイプのエコキュートは高圧機種に比べると水圧が弱いため、使用する環境によって水圧に物足りなさを感じやすいでしょう。
高圧機種のエコキュートの交換を検討している方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

→エコキュートのメンテナンスや交換は「エコキュート交換救急隊 」にぜひお任せください!

関連記事

  • エコキュートでバスソルトは使えるの?使えない入浴剤はあるのかエコキュートでバスソルトは使えるの?使えない入浴剤はあるのか 1日の疲れを癒すために、入浴時にはバスソルトや入浴剤を活用する方もいるでしょう。 ですが「エコキュートは入浴剤が使用できない」と聞いたことがあるかもしれません。 本当にエコキュートでは、入浴剤が使えないのでしょうか。 エコキュートの給湯の仕組み エコキュートは、 […]
  • もしもエコキュートが凍結してしまったらもしもエコキュートが凍結してしまったら 【もしもエコキュートが凍結してしまったら】     こんにちは、エコキュート交換救急隊です! 関東、本日は真冬の寒さだそうです! お出かけの方は温かくして行ってらっしゃい! 雨が降っていないところも、これから雨も降るようなので […]
  • 給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較!給湯器はどれがお得?エコキュートと電気温水器を徹底比較! 給湯器には主にエコキュートと電気温水器があります。では、この2種類の給湯器にはどんな違いがあるのでしょうか? みなさんの中には、エコキュートと電気温水器のどちらを購入するかで悩んでいる方もいると思います。そこでこの記事では、エコキュートと電気温水器の違いや双方のメリット・デメ […]
  • エコキュートは飲用水として使える?お湯を飲みたい時の対策エコキュートは飲用水として使える?お湯を飲みたい時の対策 光熱費の節約や災害などの非常時にお湯が使えるなどの理由から、最近エコキュートの設置を考える人が増えています。ここで気になるのが、エコキュートは飲用水として使っても大丈夫なのか、ということではないでしょうか。今回は、導入してから後悔や失敗しないために、エコキュートのお湯は飲用水と […]
  • エコキュートの故障に注意!故障時の症状や対処法・火災保険を解説エコキュートの故障に注意!故障時の症状や対処法・火災保険を解説 暦のうえでは9月から秋の始まりとされており、もうすぐに寒い冬がやってきます。 そんな寒い冬にエコキュートが故障してしまったら、お家でお湯を使うことができないので寒くて大変な思いをしてしまう、なんてことも。 この記事では、万が一の事態が起きた時のために、エコキュートが […]
  • エコキュートとガスの併用はできる?それぞれの特徴とメリットとはエコキュートとガスの併用はできる?それぞれの特徴とメリットとは 深夜電力を使いお湯を沸かすエコキュートは、オール電化住宅のための設備と思う方は多いでしょう。 ですが、エコキュートとプロパンガスを併用する家庭もあります。 今回は、エコキュートとプロパンガスを、それぞれの特徴や併用するメリットについてまとめます。 エコキュート […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください