お役立ちコラム

2022/03/24プロパンガスからオール電化にするメリットとデメリットを解説!

家庭で使用するエネルギーといえば、ガスや電力が一般的でしょう。
ガスと電力の両方を使用するか、電力だけにしてしまうか迷っている家庭があるかもしれません。

使用エネルギーを電力のみにすると、どうなるのでしょうか。
今回は、特にプロパンガスを使用しているという家庭が、オール電化にするときに絞って解説します。

プロパンガスからオール電化にするメリットとデメリットを解説!

光熱費の変化

プロパンガスと電力を両方使用している場合と、オール電化にした場合とでは、光熱費はどう変わるのでしょうか。

ガスと電力の併用の場合

プロパンガスと電力を併用する場合を、まずはみていきましょう。
プロパンガスは、地域や会社によって料金が変わります。
全国平均をみてみると、基本料金が1,650~1,760円、ガス代は1立方メートルで308~528円です。

例えば、10立方メートルのガスを使用した場合、6,500~8,000円程の料金がかかります。
次に電力の場合です。

電力も今さまざまな会社が参入しているため、会社により料金が変わります。
東京電力の場合で3人世帯だと消費電力が少ない月で13,000円程、消費電力が多い月で16,000円程が平均です。

ガスと電力の併用では、この2つの料金を合算したものが光熱費になります。
そのため19,500~23,000円程度となります。

オール電化の場合

オール電化住宅だと、プロパンガスがなくなります。
また、オール電化住宅では、一般的にエコキュートを給湯設備として導入するため、夜間の使用電力が高くなります。

このため、夜間の使用電力を低く設定した電気料金プランを選択する家庭が一般的です。
オール電化対応プランを導入している電力会社の平均電気代をみると、ひと月16,000円程です。

光熱費をみると、プロパンガスと電力併用からオール電化に変えることで、光熱費は下がることが分かります。

導入コスト

すでにプロパンガスを利用している家庭がオール電化にするときには、次のようなコストがかかります。

ガス設備設置費用の精算

プロパンガスが充填されているタンクから、実際にガスを使用する器具までは、ガス管が配管されています。
ガス配管は、住宅建築時にすでに設置されていますが、ガス配管の設置費用はガス会社が支払っているケースが多くなります。

利用者は10~15年かけて工事費用をガス料金に上乗せする形で少しずつ支払うのが一般的です。

このため、プロパンガスの利用を停止する場合はガス配管の設置費用の残額の生産を求められることがあります。
ガス配管の工事費用は15万円程度です。

屋外のガス器具などは基本的には撤去費用はかかりませんが、契約時に撤去費用が明示されている場合もあります。

撤去費用は1~2万円程度です。

電気配線工事と機器の設置

オール電化にする場合に、エコキュートやIHクッキングヒーターなどを設置する必要があります。
これらの機器は、AC200Vという電源を使用するため配線工事が必要です。

エコキュートは50~80万円程度、IHクッキングヒーターや10~30万円程度のコストがかかります。

分電盤の交換工事

エコキュートやIHクッキングヒーターを導入する場合、消費電力が大きくなるため、分電盤の交換工事も必要となるケースが多くなります。
交換工事は、5~10万円程度かかります。

プロパンガスとオール電化はどちらが良いのか

プロパンガスとオール電化は、どちらが良いとはっきりと分けることはできません。
それぞれのメリットやデメリットがあるためです。

プロパンガスからオール電化に変える前に、それぞれのメリットやデメリットを把握しておくと良いでしょう。

プロパンガスのメリットとデメリット

一般的に使われているエネルギーの中で、プロパンガスは災害に強いエネルギーとされています。
東日本大震災の際も、電気や都市ガスに比べプロパンガスは一番早く復旧したエネルギーでした。

また調理の際の火力が強く、短時間での調理が可能となります。
ガスボンベは移動可能なので、さまざまなエリアで使用可能です。
すでに導入済みの住宅であれば、改めてガス配管などの費用がかからないのも大きなメリットでしょう。

ただし、プロパンガスは会社により費用がまちまちで、場合によっては適正価格よりも高い契約を続けてしまっている可能性があります。
他社の価格と定期的に比較するなどしなければ、非常に高額な費用を支払っていたというケースもあります。

オール電化のメリットとデメリット

オール電化にするとガス会社との契約が不要となるため、一般的には光熱費が下がります。
また、火を使用しなくなるため、火災発生リスクは下がります。
子どもがいる家庭や高齢者世帯では、安全性が高まります。

オール電化の際に導入することが多いエコキュートなどの給湯器には200L以上の熱湯が溜まっています。
万が一のときには、このお湯が使用できるのもメリットとなるでしょう。
ただし、電気の供給が止まると使用できなくなります。

また一日に使えるお湯の量が決まっていたり、使用できる調理器具が制限されたりするといったデメリットもあります。
導入コストも高い点は、大きなデメリットでしょう。

まとめ

プロパンガスとオール電化は、どちらもメリット・デメリットがあります。
導入コストもかかるため、しっかりと検討することが大切です。
検討の際には、信頼できる業者に相談し、改めてメリットやデメリット、コストなどを確認してくださいね。

プロパンガスからエコキュートへの変更を考えている方は、ぜひ当社「エコライト」をご利用ください。
親身になって相談・対応いたします。

 

エコキュートのメンテナンスや交換は「エコキュート交換救急隊 」にぜひお任せください!

関連記事

  • エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説!エコキュートの寿命はどのくらい?寿命を延ばす方法を徹底解説! エコキュートの購入時に気になることの1つが「寿命」ではないでしょうか? 長いスパンで光熱費を抑えるには、エコキュートの寿命を考慮してプランを立てることが大切です。エコキュートの寿命は、一般的に10年~15年ほどといわれていますが、工夫することで極力寿命を延ばすこともできます。 […]
  • エコキュートの水漏れの原因は?水漏れの兆候や修理代もご紹介!エコキュートの水漏れの原因は?水漏れの兆候や修理代もご紹介! エコキュートを長く使っていると水漏れすることがあります。 エコキュートの水漏れ時には素早く対応する必要がありますが、もし気付くのが遅れると対処が間に合わなくなってしまいます。 エコキュートの水漏れにすぐに気付くためには、水漏れの疑いがある場合のチェックポイントを押さえておく […]
  • エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説!エコキュートの設置スペース選びの注意点や工事の流れを徹底解説! エコキュートの導入の際に真っ先に必要になるのが設置スペースの確保です。 エコキュートは主に「ヒートポンプユニット」と「貯湯タンク」から構成されるので、電気温水器よりも広い設置スペースを必要とします。 スペースのことを考えずに導入を決めると後で困る… そんなことにならないた […]
  • エコキュートの水抜きを訪問してきた業者に任せるのは危険!?エコキュートの水抜きを訪問してきた業者に任せるのは危険!? エコキュートを設置している人の中には、飛び込み営業の業者に「水抜き」をしているか聞かれたことがある人がいるかもしれません。 水抜きというのはいったい何か、このような飛び込み営業の業者に任せてもよいのかをまとめます。 エコキュートの水抜きとは エコキュートは、屋外の […]
  • 蓄電池のメリットとは?デメリットはある?蓄電池のメリットとは?デメリットはある? 昨今、電気を溜めることができる「蓄電池」の注目が高まっています。 蓄電池とは、その名の通り電気を蓄えることができ、何回でも使うことができるというシステムです。 今回は、蓄電池の仕組み、メリット・デメリットについて解説していきたいと思います。   蓄 […]
  • エネファームとエコキュートどっちが良い?それぞれの特徴をチェックエネファームとエコキュートどっちが良い?それぞれの特徴をチェック 地球温暖化など環境に対する関心が高まる中で、少しでもエコな生活を心掛けようとする方は増えています。 地球環境にも優しく、毎月の光熱費の負担を抑えられる商品としてエコキュートやエネファームが注目されています。 しかし、その違いを良く理解できていない方もたくさんいるのではな […]

contactお問い合わせ

埼玉、東京、神奈川でエコキュートの交換設置なら安心と信頼のエコキュート交換救急隊におまかせください